気候変動から地球を守るために、
今すぐ行動を起こそう”

13-1

気候に関する災害や自然災害が起きたときに、対応したり立ち直ったりできるような力をすべての国でそなえる。

13-3

気候変動が起きるスピードをゆるめたり、気候変動の影響に備えたり、影響を減らしたり、早くから警戒するための、教育や啓発をより良いものにし、人や組織の能力を高める。

出典元:https://www.unicef.or.jp/kodomo/sdgs/preamble/

sdg_icon_13_ja_2.png
日本SDGs防災機構.png

「災害イマジネーションで、すべての人に災害対応力を…」

「歌って踊って災害を想像してみよう!」

当機構による防災の旅:災害想像ツールの提供・啓蒙

当機構が運営するSAVE the 未来プロジェクトでは、災害イマジネーションの推進のために、災害想像ツール目黒巻のキッズ版「もしもまきまき」を提供・啓蒙する事で、気候に関する災害や自然災害が起きたときに、対応したり立ち直ったりできるような力を備え始める機会の創造を試みています。世界中の人に災害イマジネーションを実施頂けるよう、「もしもまきまき」の英語版「MEGU MEGU Roll」も制作し提供しています。