だれもがずっと安全に暮らせて、

災害にも強いまちをつくろう

11-3

2030年までに、だれも取り残さない持続可能なまちづくりをすすめる。すべての国で、だれもが参加できる形で持続可能なまちづくりを計画し実行できるような能力を高める。

11-1

2030年までに、すべての人が、住むのに十分で安全な家に、安い値段で住むことができ、基本的なサービスが使えるようにし、都市の貧しい人びとが住む地域(スラム)の状況をよくする。

11-2

2030年までに、女性や子ども、障害のある人、お年寄りなど、弱い立場にある人びとが必要としていることを特によく考え、公共の交通手段を広げるなどして、すべての人が、安い値段で、安全に、持続可能な交通手段を使えるようにする。

11-4

世界の文化遺産や自然遺産を保護し、保っていくための努力を強化する。

11-5

2030年までに、貧しい人びとや、特に弱い立場にある人びとを守ることを特に考えて、水害などの災害によって命を失う人や被害を受ける人の数を大きく減らす。世界の国内総生産(GDP)に対して災害が直接もたらす経済的な損害を大きく減らす。

11-6

2030年までに、大気の質やごみの処理などに特に注意をはらうなどして、都市に住む人(一人当たり)が環境に与える影響を減らす。

11-7

2030年までに、特に女性や子ども、お年寄りや障がいのある人などをふくめて、だれもが、安全で使いやすい緑地や公共の場所を使えるようにする。

出典元:https://www.unicef.or.jp/kodomo/sdgs/preamble/

sdg_icon_11_ja_2.png
日本SDGs防災機構.png

「みんなのみんなによるみんなのための防災社会を…」

「SAVE the 未来の防災仲間、この指とまれ!」

当機構による防災の旅:災害想像ツールの提供・啓蒙

当機構が運営するSAVE the 未来プロジェクトは、「みんなのみんなによるみんなの為のサスティナブル防災」をフィロソフィー(哲学指針)とし、 だれもが参加できる形で持続可能なまちづくりを計画し実行するのを後押しすべく、だれもが参加しやすい・参加したくなる防災を探求してまいります